FC2ブログ

他心通 Ⅰ 正法眼蔵 第七十三

音声はこちら ↓

他心通_Ⅰ_01
他心通_Ⅰ_02
他心通_Ⅰ_03
他心通_Ⅰ_04
他心通_Ⅰ_05



岩波の四巻本になっている眼蔵ですが、三巻まで一応読んだので、今日から四巻め、四巻の正法眼蔵第七十三に入ります。一くだり読みます。和訳になっている方を見て下さい。

他心通。
西京光宅寺慧忠国師者、越州諸曁人也。姓冉氏。自受心印、居南陽白崖山党子谷、四十餘祀。不下山門、道行聞于帝里。唐粛宗上元二年、勅中使孫朝進賚詔徴赴京。待以師礼。勅居千福寺西禅院。及代宗臨御、復迎止光宅精藍、十有六載、随機説法。時有西天大耳三蔵、到京。云得他心慧眼。帝勅令与国師試験。(西京光宅寺慧忠国師は、越州諸曁の人なり。姓は冉氏なり。心印を受けしより、南陽白崖山党子谷に居すこと、四十餘祀なり。山門を下らず、道行帝里聞ゆ。唐の粛宗の上元二年、中使孫朝進に勅して、詔を賚せて赴京を徴す。待つに師礼を以てす。勅して千福寺の西禅院に居せしむ。代宗の臨御に及んで、復た光宅の精藍に迎止すること十有六載、随機説法す。時の西天の大耳三蔵といふのもありて到京せり。他心慧眼を得たりと云ふ。帝、勅して国師試験せしむ。)
三蔵才見師瓶礼拝、立右于辺(三蔵才に師を見て、便ち礼拝して、右辺に立つ)。
師問曰、『汝得他心通耶(汝他心通を得たりや)』。
対曰、『不敢』在
師問曰、『汝道、老僧即今在什麼処(汝道ふべし、老僧即今什麼処にか在る)』。
三蔵曰、『和尚是一国之師、何得却去西川看競渡(和尚は是れ一国之師なり、何ぞ西川に却去いて競渡を看ることを得んや。)』
師再問、『汝道、老僧即今在什麼処(汝道ふべし、老僧即今什麼処にか在る)』。
三蔵曰、『和尚是一国之師、何得却去天津橋上、看弄猢猻(何ぞ天津橋上に在って、猢猻を弄するを看ることを得んや。)』
師第三問、『汝道、老僧即今在什麼処(汝道ふべし、老僧即今什麼処にか在る)』。
三蔵良久、罔知去処(三蔵良久して去処を知ること罔し)。
師曰、『遮野狐精、他心通在什麼処(遮の野狐精、他心通什麼処にか在る)』。
三蔵無対(三蔵無対なり)。

僧問趙州曰、『大耳三蔵、第三度、不見国師在処、未審、国師在什麼処』(僧、趙州に問うて曰く、『大耳三蔵、第三度、国師在処見ず、未審、国師什麼処にか在る』
趙州云、『在三蔵鼻孔上(三蔵が鼻上に在り)』
僧問玄沙、『既在鼻孔上、為什麼不見(僧玄沙に問ふ、『既に鼻孔上に在り、什麼と為てか見ざる。
玄沙云、『只為太近(只太だ近きが為なり)』。
僧問仰山曰、『大耳三蔵、第三度、為什麼、不見国師(僧、仰山に問うて曰く、『大耳三蔵、第三度、什麼と為てか、国師を見ざる』)
仰山曰、『前両度是渉境心、後入自受用三昧、所以不見(前の両度は是れ渉境心なり、後には自受用三昧に入る、所以に見ず)』。
海会端曰、『国師若在三蔵鼻孔上、有什麼難見。殊不知、国師在三蔵眼睛裏』(国師若し三蔵鼻孔上に在らば、什麼の難見か有らん。殊に知らず、国師、三蔵の眼睛裏に在ることを)』。
玄沙、徴三蔵曰、『汝道、前両度還見麼(汝道ふべし、前の両度、還た見る麼)』
雪竇明覚重顕禅師曰、『敗也、敗也。』


まあその辺まで読んで。一般に神通力って言う様な言葉を聞くとですね、西遊記などの孫悟空の様な神変不思議な力があって、普通の人では出来ない様な、そう言う様なものを神通、そう言う風に大体見ているのだと思います。
で、ここの表題になっている「他心通」、人の心を見抜く力って言うんですね。仏教で六神通と言う六つ位神通力を挙げていますが、仏教の中だけが六神通と言って、最後に漏心通と言うのを挙げてあります。悟りの世界と言う事になっているのかしら。漏れる事の無い様子と言いますかね。
 今、ざっと読んだ処では、大きな耳、大耳三蔵と言う名前になってるんです、そう言う方がインドから京の国戻って来られた時に、他心通を得て帰って来たと言うので、それで帝がですね、他心通力が本当かどうかその力を試験をすると言う事になるのでしょうね。南陽の慧忠国師って言う方と問答をやる訳ですが、そのやり取りがざっと今読んだ処に挙げてある。そしてその後に何人かの立派な方々が名前を連ねて、これに関して質問をされたものに答えてるものが挙げて有ります。
 中に入る前にですね、本題に入る前につらつら、つらつらって言うと変だけど、よくよく見てみると、他人の心の中を見るって言うんだけど、皆さんも生活していて触れて見ると良く分かるけど、あの人何を考えてるんだろう、あの人何を思ってるんだろう、こう言う風な事がした時に、これはお分かりの様に、もう既にお分かりだと思うけど、あの人何を考えてるんだろう、何思ってるんだろう、言うのは私の今やってる働きであって、向こうの人の様子を伺ってる様にちょっと聞こえるし、思えるんだけど、ねぇ。言葉としてはそうじゃないですか。向こうの人あの人って言ってますから、向こうの人の様子を伺ってる様に見えるじゃないですか。やってる事は向こうの人の様子だと殆どの方が信じておられるけれど、違いますよね。
 何回も多分話してるんだろうと思うんですけど、何時から向こうの人の様子と自分の様子って言うものが、こうやって分けて考えられる様になったんでしょうかね。あっちの人何考えてるんだろう、全部自分の中でやってるんだけど、自分の中の事なのに、向こうの人の様子と私の様子って言う風に、知らない内に自分が、自分の中で別な、自分以外の人の事を何かやってる様に思う様になった。不思議だね。もう殆どそう思ってるんじゃないですか。毎日の生活してて。だけど、よく見てみると、全部自分自身の様子ですね。他人通って多分そう言う事なんだろうね、本来他人通。人の、他人の心の中を見通すって言うんだけど、それ以外にやらないからね、しょうがないじゃん、人が。出来ない。あの人の坐り方は、あの人の本の読み方は、見た人がそう言う風に、見た物に対して色んな評価をしてる。でも向こうの人の様子を見てると思ってるんだね。ここら辺が難しい処なんだろうね。まあ言いたい事はそう言う事です。他心通。
 ざっと今読んだ処、そんなに問題は無いでしょう。慧忠国師と言う人の略歴が挙げてあります。姓は冉て言う事が、さっきもあげたんだけど、ゼンとかネンとか漢字では。サンと言う読み方は漢字には無い。有名なのは孔子やなんかの弟子に三人位、冉と言う姓の有名な人が居られますね。まあそれはそれでいいでしょう。
 大事なのは心印を受けしより後と言う事で、慧忠国師って言う方は、お悟りを開いて、その証明を受けて仏法の受け継ぎ手として過ごす訳ですが、その後ですね、南陽の慧忠国師って言われる様に、南陽の白崖山と言う所に住んで居られたので、上の方に南陽の慧忠国師って言う風にして、彼処にいる方って言う事ですかね。そう言うように呼ぶ様になった様ですが、そこに四十年おられて、山門を下らずと言う事は、お寺を離れた事が無いと言う事です。住職って言ううち、住持職って言う風に言うんですけども、住持職。住職だから、お寺を離れると住持職で無くなるんですね。不在ですからね。お寺にずーっと居るのが住持と言います。住職。これはどの役職でもそうだけど、一旦その役職に就いたら、その役職を疎かにしないと言う事ですね。ないがしろにしないって言う言い方がそう言う風に言わせるでしょう。
 その生き様がですね、「道行聞于帝里」帝の耳にも入る。こう言う方が居られるよって言って。そこで粛宗と言う帝の上元二年に、帝がですね、勅して、「詔を賚せて赴京を徴す。」勅を持たせて、召し抱えるって言う事ですかね、お招きするって言う事ですかね。どう言う風な厚い待遇を帝から受けたかって言うと、一つには千福寺と言う所に住職として任命しておられる。そして後に代宗の亡くなる、臨命ですから命が無くなるに及んで、即位してその後今度は光宅寺と言う所に、光宅と言う所にお寺を建てて、そこにお迎えになってそこで又十六年位説法をされた、言うのが略歴です。慧忠国師の略歴。
 で、その時にですね、インドから大耳三蔵と言う人がこられて、都に来られたのでお会いしてみると、他人通、慧眼を得たりと言う。他人通を得て智恵の眼を開いたと言う様に、ご本人がおっしゃったのかね。で、帝が使者を使わして、大耳三蔵と慧忠国師、お二人の間で問答を交わすと言う事です。まあここは別に、ここ迄で別に問題無いでしょう。その位の事が分かれば。
 どんな事が交わされているかって言うと、最初に大耳三蔵法師がですね、慧忠国師を目の当たりになさった時に、礼拝をして右に立たれた。これは一応この当時の礼儀です。お会いした時の。何だろう、相手を敬う姿ですね。右に立つか左に立つかによって違うわけです。右に立つと言う。左を上肩とします。高い方、位置が。だから何故そう言う風にしてるかと言うと、お袈裟をかけるのに左にこう持って行って右は肩を脱いてるので、右の方が下位ですね。だから慧忠国師よりも俺の方がって言って左には立たないって言う事が、奥ゆかしい処だと言う風に読んで貰ったら良い。天皇陛下、皇后陛下、お二人が立たれる場合、日本ではどうなってるか、参考にしてみると良いでしょう。
 そこでですね、第一問目、先ず慧忠国師が問われるのに、「あなたは他心通を得たと言うけれども、本当かね」って聞いてます。今日招かれたのはその事でこれから話をするから、先ず聞いてみたんですね。そしたら『不敢』と言ってます。まあ下にも有る様に、「いいえ」って言う様な、日本語では「いいえ」って言う様な意味です。遠慮してですね、「はいちゃんと他心通得ました」って、そう言う風にあからさまにですね、私は得ましたよって言う風には言わないで、「いいえ」って言う位に言いながら、本当は得てますよって言う様な心積りのある返事ですね。これを当時は『不敢』と言うふうにして中国では使ってた様です。
 さてですね、それだったらと言う事で、本当に他心通を得てるかどうか調べる訳ですね。老僧って言うのは慧忠国師ですね。自分を指す。「あなたに質問するけどいいですか。」『汝道、』私が質問した事に答えて下さい。「私は今どこに居ますか。」みなさんこうやって、私が「今どこにいますか、」ったら、それぞれお答えがあるでしょう。その答えがですね、「あなたはこれ一国の師、」帝にお話をされる様な国師ですね。国を動かす様な、帝に対して導きをする様な位置の人だって、国師。『何得却去西川看競渡(何ぞ西川に却去いて競渡を看ることを得んや。)』競渡って下にもある様に、競艇と書いてあります、訳して競艇。西川と言う川に行ってですね、それで二艘の船を、或いは二艘以上でもいいですが、舟を並べてですね、どっちが早く向こうの岸に着くかで良いかね、と言う様な事をやるのをまあ競艇を言うのでしょう。何でこんな、大耳三蔵がこんな答えをするのか。まあ第一問を見てもですね、皆さんが見ても的外れだと思いませんか。
 それを置いといて、又聞くんですね。今はどうか。今は何処に居る。同じ様に、『和尚是一国之師、何得却去天津橋上、看弄猢猻(何ぞ天津橋上に在って、猢猻を弄するを看ることを得んや。)』どっちも猿ですね。猢も猻も。大きい猿、小さい猿と言う事です。調べてみるとそう言う字です。子猿、下の猻は子猿です。訳して猿回しの芸とあります。橋の上に在ってですね、お猿が、大きいお猿と小さいお猿が、そこで何か芸をしてるのを見る事を得んやって言う様な、なんでこんな事になるのですかね。
 さらに同じ様な質問が続きます。『老僧即今在什麼処(老僧即今什麼処にか在る)』。人間て面白いですね、同じ質問を三回位重ねられるとですね、何となくおかしくなって来る。質問をして答えた後にですね、良いとも悪いとも言われないです、これね、一問目も二問目も。それで良いとも悪いとも何にも言わない。聞きっぱなしで同じ質問を三回も繰り返されるとですね、人間て不思議ですね、どう言う風な事が一般に起こるかって言うと、自分の中に疑義が起こるんですね。疑いが起こる。ああじゃないか、こうじゃないかって思い始めて来ます。難しい様な知らない様な字を言われて、そこに書いてごらんって言って、もう一回書いてごらん、もう一回書いてごらん。もう一回書いてごらんて言うと、どっか違ってるんじゃないかって思う、思いませんか。よっぽど自信が無い限りは、そう言うものですね。面白い。
 三度目の様子を見ると、今度は黙ってるね。「良久」久しく暫く黙ってる。「去処を知ること罔し。」言われたんだけど返事が出来ない。それを見て慧忠国師が初めて、『遮野狐精、他心通在什麼処(遮の野狐精、他心通什麼処にか在る)』。野狐精ってちょっと相手の人を、何だろう、誉めてない言葉ですね。誉めてない、けなしてる言葉。大耳三蔵と言われる、いわゆる三蔵って言えば、経律論に精通した立派な学者です。玄奘三蔵とかね、皆さん知ってる三蔵法師。皆さんからは立派な人だって言われてるけど、なんだ大した事無いなって言う様な表現です。しかもですよ、自分で他心通を得たって言うんだけども、人の心の様子がどうあるかって事が、一つも言えないじゃないかって。そう言っておられます。これに対して一言も返す言葉が無い。ギャフンって言いますかね。まあそれが今日の勉強の教材になってる。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント